光明

地元の神社の夏越の祓い、千燈祭に行く。 火は一瞬として同じ形をしていない。 変化しながら、人を守り、温める。 そして時に、人を焦がす。   人は火の光と温かさに安心するのではないかと思います。 本能的に。 &n “光明”