引き出し

心の中に記憶の引き出しがあって そこには、忘れてしまっているけど大切なものが詰まっている。 時々、ふとしたことでその記憶がよみがえる。 時間がたって、断片的だったり、あやふやで色あせてるけれど それは暖かで、体液のような “引き出し”