写真は誰にでも撮れます。

カメラさえあれば。
今はスマホもあるし、簡単に撮れます。

そう、カメラマンに頼まなくてもいいのです。

じゃ、カメラマンなんて職業なんて必要ないんじゃない?

そうかもしれません。

気軽に写真が撮れる今だからこそ、
私に写真撮影を依頼してくださる方の宝物になるような写真を撮りたい。

私は不器用なので、好きな人しか上手に撮影できません。

眼の前の人を好きになって、撮る。
その人のいい部分を沢山みつけて、その人を好きになって、撮ります。
私というフィルターを通して、被写体の方の素敵な部分が現れるように。

「カシャ」とシャッターを押すたび、
目の前にいる方が幸せでありますようにと心に思って撮ろうと心掛け撮っています。