過去の事を悔いても、未来の事を思い悩んでも仕方ない。

今の自分をしっかりと見つめる。

この先、光さす道を歩けるように。