金木犀は不思議な木だ。

20161025-5
秋の入り口にどこからともなく香り、その姿を探すことになる。

どこにあるのかさえも知らなかったのに、甘い香りで存在を知る。

その花の季節はとても短く、あっという間に金木犀の事を忘れてしまう。

私の生家には金木犀の巨木がある。
いつもひっそりと庭に鎮座している。
一度に咲いた金木犀が私を迎えてくれる時、とても幸せな気持ちになる。

金木犀、
いつも私の帰りを待っていてくれる静かな父なる木。