マスクの下の笑顔

新型コロナのおかげで、予想をしない展開になった2020年ももうすぐ半分が終わるらしい。

冬でもマスクなんてつけなかったのに、マスクが必須アイテムとなり
知らない人とは距離をとるのが当然の常識のようになりました。

思わんことで日常って変わる。
常識や当たり前って、とっても不安定で不確かなもんだなと実感しました。

そう、この新たな日常で気が付いたことが一つ。

紫陽花はとても好きなお花。
何事もなかったように、今年も咲いてくれてありがとう。

マスクしてると、表情も素顔もわからん。
「素」がわからん。

マスクを外した途端、
「あ、こんな可愛い子やってんな!」
「この人、思ってたより若いねんね」
って気が付いたり。

そんな中、マスクをしてるのにもかかわらず
「この人、笑顔や」
「かわいいわ、この子」
とはっきりわかる人がいる。

これはちょっと発見でした。
よく観察してみると、眼が生き生きしてるんですよね、その方って。
マスクをすることで人との間に生まれた距離感を、
きゅっと近づける優しい目の力。

あー、これ、これ。
これは真似したい。
マスクをしててもわかるような笑顔に、自然となっておきたい。
そう思った2020年、梅雨晴れの朝でした。

Follow me!

いいね! 記事が気に入ったらいいね!してね!
読み込み中...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。